お茶について学ぶ - |宇治の露製茶株式会社

お茶について学ぶ

お茶について学ぶ

玉露

玉露

渋みが少なく、とろっとした旨味が特徴のお茶。茶葉の摘み取り20日前頃から直射日光を遮り、旨味成分を引き出したお茶です。ゆったりと落ち着きたいとき、また、お客様をもてなすときにふさわしい上品な一杯です。

かぶせ茶

かぶせ茶

茶葉の摘み取り7~10日前頃から直射日光を遮り育てたお茶です。煎茶の爽やかさと、玉露の旨みを楽しむことができます。

煎茶

煎茶

日本茶の消費量の多くを占めるお茶です。自然光の下で育てた茶葉を摘んですぐに蒸し、細い形になるように揉みます。爽やかな香りとほどよい旨味や渋味が特徴で、甘いお菓子やお食事にもよくあいます。

玄米茶

玄米茶

煎茶や番茶に炒った米をブレンドしたお茶です。渋味が少なく、香ばしい米の香りが特徴のさっぱりとしたお茶です。

ほうじ茶

ほうじ茶

煎茶や番茶を焙煎したお茶です。苦渋味が少なく、年齢を問わずお楽しみいただけるお茶です。香ばしい香りが特徴です。

茎茶

茎茶

茶葉の茎の部分を集めて作るお茶です。茎ならではの清々しい香りと渋味の少ないさっぱりとした味わいが特徴です。

抹茶

抹茶

玉露と同じように直射日光を遮って育てた茶葉(碾茶)を石臼で挽いて粉末にしたものです。茶葉をそのまま飲むので、水に溶けない栄養成分を摂ることができます。最近では、お菓子の材料としても人気です。

Copyright© 宇治の露製茶株式会社.All Rights Reserved. login